So-net無料ブログ作成

思い出 [父について]

これは私が10歳のころの話です。父は当時、建設会社に勤務しており、
毎日多忙で、晩御飯を一緒に食べる事は殆どなかったのです。
休日は接待の為のゴルフ、釣り、狩猟などであまり家にいませんでした。

ある日、父が私と妹を呼んでこう言ったのです「お父さんは忙しくて中々
一緒に居る事ができずごめんね。その代わりに明日からお父さんは早く
起きるから、3人で朝お散歩に行こうか?」と聞いてくれました。
私と妹は大喜びで次の日を心待ちにしました。大好きな父と朝から散歩に
行ける事がすごくうれしかったのです。

散歩は近所を回るのですが、毎朝行き先を父がスリッパを投げ、つま先
が向いた方向に歩いて行きました。台風か大雨以外は毎日出かけました。
道端に咲く花の名前を教えてくれたり、なぞなぞを出し合ったり、歌を
唄ったりと毎日とても楽しかったです♪

父は夜も接待で夜中に帰るので、眠かったと思いますが、私たちを思い
毎日手をつなぎ歩いてくれました^^父の手の温もりは今も忘れる事は
ありません。

父は3歳の時に、弟を事故で亡くしました。間もなく生母と生き別れに
なったのです。生母は事故の責任を感じ自分を責め続け、夫婦仲も険悪
になり離婚したのです。生母は父を連れて出たかったのですが、長男と
いう事でその当時は許される事ではなかったそうです。

父は当時の事を断片的にしか覚えていませんでしたが、生母が父を見て
すごく泣いていたのは鮮明に覚えていたそうです。

それからは父の苦労が始まります。後妻に入った継母に壮絶ないじめを
受けて育ちます。中学に入学した時にその後恩人となる人との出会いが
ありました。その人は学校の用務員のご夫妻でした。

当時父は中学1年生にして、その学校の番長だったらしいのですが、
どんなに喧嘩をしても弱い者いじめはしなかった。本当に悪い者との
喧嘩だったらしいです。荒れている父を用務員のご夫妻は部屋に呼び
話を聞いて下さったのですが、父の身の上話を聞いたご夫妻は涙を流し
「辛い時は、いつでもうちにいらっしゃい」と言って下さったのです。

ご夫妻には子どもが居なかったので、本当の子どもの様に接して下さっ
たそうです。家に帰ってもご飯も出してもらえなかったらしいですが、
ご夫妻と知り合ってからは、暖かいご飯をお腹いっぱいに食べられる様
になったのでした。

当時ご夫妻は犬を飼っていました。その犬はドーベルマンでご夫妻以外
には懐かない犬だったのですが、父は家出をしては、その犬の小屋で
犬と一緒に寝ていたそうです。ご夫妻はわざと犬小屋に父用に毛布を
いれておいてくれたということです。

父はご夫妻を恩人というよりは、自分の親以上に思い、卒業後も何か
ある度に必ずご夫妻の所へ報告に行っていました。

残念なことにご主人は、私が20歳の時に心筋梗塞で倒れ亡くなりました。
父の涙を見たのはその時が初めてでした。あまりの落胆ぶりに掛ける言葉
もありませんでした。

奥さんは現在83歳になり、名古屋市内の養護老人ホームで暮しています。
10年前に父が亡くなってから体調を崩してしまったので心配です。
私はなるべく時間を作り、奥さんに会いに通っています^^
父との思い出話に花を咲かせられる、唯一の人で、いつも時間を忘れて話
込んでしまいます^^奥さんは今は私の心の支えなのです。
私は父の代わりにはなれないかもしれませんが、奥さんが万が一の時は
ご夫妻のお墓を守って行きたいと思っております。
私が万が一の時は娘達が守ってくれる事になっています。

父は最期になる入院をする前日、ご主人の仏前に好きだったお酒を供え
献杯をして帰ったそうです。奥さんはもうこれで父に会えないのではと
直感したと後で聞きました。今頃は天国でご主人と二人で奥さんと私達
を見守っていてくれることでしょう…。


nice!(2)  コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

nice! 2

コメント 12

ひろりん

「神様ってねぇ、耐えられる人に試練を与えるんだよ。」って言われた時、「ああ、だから人の世に不公平ってありうるんだぁ~」と、目からウロコだった事があります。
温もりって、人をホント幸せにしますよね~♪
私の場合真っ先に温かいごはんが浮かびますが。。。(^^;ゞ
by ひろりん (2006-05-23 09:04) 

mcnj

父君の手の暖かさを覚えていらっしゃるなんて羨ましいです。
平凡な父でしたが、父の思い出は、反面教師としてのそればかりですしたから。
二人の娘を育てましたが、あのような父親になってはいけない、と言う
思いで育ててきました。てのぬくもりが伝わったかどうか、そうあって欲しいと思っています。
上はおととしの秋片付きました。下も来月嫁に行きます。
今度の大役を果たせば肩の荷を降ろせます。
by mcnj (2006-05-23 13:09) 

瑞穂

ひろりんさん いらっしゃいませ^^
私も神様から与えられた試練だと思い生きてきました^^
そう思わなければ生きて来られなかったとも思います。
温もりは人にとって、とても大切なものですよね♪
真っ先に暖かいご飯の浮かぶ、ひろりんさんnice!でございます(笑)
by 瑞穂 (2006-05-23 13:52) 

瑞穂

mcnj さん いらっしゃいませ^^
お嬢さんがお二人いらっしゃるのですね♪
親の有り難味は、年を重ねて行けば行くほど、わかるものだと
思っております。mcnj さんがご自分と同じ思いをさせたくないと
いう思いで子育てをされていらしたのですから、その思いは必ず
お嬢さんたちに届いていると思いますよ^^
下のお嬢さんは来月ご結婚されるのですね^^
☆おめでとうございますm(__)m☆
by 瑞穂 (2006-05-23 14:12) 

女将

始めまして。
ココアさんのところからやってまいりました。

苦労したぶんだけ幸せになる権利をもらわなくてはね。

私もダンナの母と同居です。今は元気ですが
いずれは考えなくてはいけませんよね。

これからもよろしくお願いしますね。
by 女将 (2006-05-23 18:46) 

瑞穂

女将さん 初めまして^^ ようこそおいで下さいました♪
暖かいコメントありがとうございます!
親との同居は色々と大変ですが、お互いにがんばりましょうね^^
実は私は、女将さんのブログの隠れファンなんですよ~^^:
いつも拝見させて頂いておりました^^ 今度はちゃんとコメントを
入れさせて頂きますね♪ 今後とも宜しくお願い致します☆
by 瑞穂 (2006-05-23 19:27) 

マンタ

親の愛を知らずに育ったのに、瑞穂さんや妹さんにこんなにも
愛情をたっぷり注げるお父様だったのは、きっと用務員のご夫婦の
おかげだったんでしょうね。
心の中がホワーッと温かくなってきました(^^)
by マンタ (2006-05-23 20:30) 

ココア

いいお父様だったのですね。
私は、実は父のことはあまり好きじゃなかったの。
お酒の好きな人で、母は一冊、本が書けるくらい、
苦労したといつも言っています。
優しい人なのですが、お酒では随分人にも迷惑をかけたし、
酔った父をみるのは、正直イヤでした。
結局お酒のせいで、階段から転落が原因で亡くなりました。
本人は死ぬ間際に、自業自得と言ってましたが、
まさにその通りでした。
しかし、亡くなってみると、優しかった父の思い出だけが、
蘇ってくるのですね。
不思議です。
結局父のことは好きだったのかな…と思います。
by ココア (2006-05-23 21:35) 

瑞穂

マンタさん こんばんは^^ nice!ありがとうございます♪
旅の疲れは取れましたか? 案じておりました^^

父は自分が淋しい思いをして育ったので、自分の子供だけには
同じ思いをさせたくないとずっと思っていたようです。
用務員のご夫妻は何時の日も父を優しく見守って下さり、ご夫妻と
の出会いがなかったら、父は間違いなく道を踏み外していたと言っ
ていました。今も老人ホームを尋ねると、いつも卒業生の方々が
たくさん来て下さるので、とても嬉しいです☆
by 瑞穂 (2006-05-23 23:13) 

瑞穂

ココアさん こんばんは♪
ココアさんのお母様もいろいろとご苦労されたのですね。
私の父も自分の父親が普段はすごく良い人なのに、お酒を飲むと
人が変わり、人に迷惑をかけたそうです。
そんな父親が大嫌いだったと言っていましたが、、裏を返せば
好きだから許せない、好きな人だから心配もすれば、立ち直って
欲しいと願うんですよね^^;
本当に嫌いでどうでもいい人であれば、腹も立たないと思います。
ココアさんのお父様も今は天国でご家族の皆さんに悪かったと
思っていらっしゃると思います^^そして皆さんをしっかりと見守って
下さっているはずです^^ 私の祖父も凄く良い人でしたから^^;
by 瑞穂 (2006-05-23 23:40) 

Gamaoyabeeeen

お父さんと用務員さんご夫妻は心から通じ合っていた、そして、いま、83歳の奥さんと瑞穂さんが心から通じ合っている・・・。
人間って素晴らしいと思います。
by Gamaoyabeeeen (2006-05-24 00:46) 

瑞穂

親分さん ようこそおいで下さいました♪
暖かいコメントありがとうございました^^
ご夫妻と巡り合えた事は本当に幸せでした。父はいつもご夫妻の
話を私と妹に話してくれました。私も小さい頃からご夫妻が大好き
でした。私が就職して、初めて頂いたお給料でご夫妻に贈り物を
した事があるのですが、ご主人が今まで貰ったものの中で一番嬉し
いと言って下さいました。ご主人が亡くなった時から、私は奥さんの
所へ足を運ぶ回数が増え、父がなくなってからは更に増やして、
奥さんが淋しくないようにしたいと考えています^^
by 瑞穂 (2006-05-24 06:52) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。